RAM転送ツール
このRAM転送ツールは、RAM上でプログラムのデバッグするために使用するツールです。
プログラムのデバッグ時に毎回毎回ROMを書き換えて実行する方法はやりにくいので、開発中のプログラムをRAMに転送してRAM上でプログラムを実行できれば、快適にデバッグができます。
このRAM転送ツールは、パソコン側はLinux/FreeBSD/Windowsに対応し、H8マイコン側はコマンドインタープリタ付きのH8/OSを載せたH8マイコンに対応しています。
-eオプションを指定することにより、転送した後に自動的にプログラムを実行します。

ダウンロード

使用例
put -e motファイル [デバイス名]
実行ファイルは、適当な実行パスのあるディレクトりに置いてください。

ソースファイルのコンパイル

先頭の3行の部分をプラットホームにあわせて変更してください。
対象となるプラットホームの定義を#defineにして、それ以外は#undefにしてください