コマンド操作によるプログラム実行方法(Linux編)

マイコン操作をするには、以下のように minicom を起動します。

minicom
プログラムの実行はモード5でないといけないので、下図のようにDIPスイッチを設定しなければなりません。

DIPスイッチをモード5に設定したら、リセットボタンを押します。
そうすると、ターミナル画面に MES> プロンプトが現れて、マイコンの操作が可能となります。

まず、ROMディスクのディレクトリ /rom0/ へcdコマンドで以下のように移動します。

dirコマンドでファイル一覧が表示されますので、すでに実行ファイルが転送されていれば、一覧のなかにあるはずです。
プログラムを実行するには、実行ファイル名を入力します。
下図の例では hello というプログラムを実行している様子です。

マイコン操作を終了するには、「CTRL+A」のキーを押します。
そうすると以下の画面のようになります。

更に「x」のキーを押すと以下の画面で終了するかどうかを尋ねてきますので、そのまま「Enter」を押します。

そうすると minicom は終了し、マイコン操作から抜けることができます。