コマンド操作によるプログラム実行方法(Windows編)

デスクトップ上の「マイコン操作」をダブルクリックしてハイパーターミナルを起動します。
シリアルポートの通信設定については特に不要です。

プログラムの実行はモード5でないといけないので、下図のようにDIPスイッチを設定しなければなりません。

DIPスイッチをモード5に設定したら、リセットボタンを押します。
そうすると、ターミナル画面に MES> プロンプトが現れて、マイコンの操作が可能となります。

dirコマンドでファイル一覧が表示されますので、すでに実行ファイルが転送されていれば、一覧のなかにあるはずです。
プログラムを実行するには、実行ファイル名を入力します。
下図の例では hello というプログラムを実行している様子です。